税務向上ブログ

たった一言で自分も知らない強みを知る方法

昨夜、あるポッドキャストを聴いていました。

 

そこでこんなことを言っていました。

 

「お客にとって自分の役割は何か?」

 

 

ムムム・・・お客にとって?あなたは何だと思います?

 

 

私の場合、会計事務所の職員なので、パッと思いつくのは『会計の専門家』とかでしょうか。

 

 

だけど、これって良くも悪くも本当にそうでしょうか?

 

 

 

ちょっと話は違いますが

 

 

先日テレビで見た、世の中のパパ(私も含め)の話。

 

奥様が留守の間に、がんばって家事をやりました。

(日頃家事に育児に。いろいろ疲れてるから、ちょっとでも楽をさせてあげよう・・・)

そんな気持ちでしょうか。

 

帰ってきた奥様はきっと喜んでくれるだろう!!

そんな胸躍らす気持ちで奥様を待ちます・・・

 

だけど、現実は厳しかった!

 

奥様は帰ってきて、部屋を見渡し、パパに一言。

 

「やってくれるのは嬉しいけど、仕事が増えるからこれからやらなくて良いよ!」

 

きつい、きつ~い、きつすぎるぞ!!という一言。

・・・パパは何がいけなかったのでしょうか?

 

良かれと思ってやったことが、裏目に出ることないですか?

 

 

この例(決して私の家庭の話ではありませんよ!決して違います!)は自分の評価と相手の評価が違うことを表しています。

 

 

こんなすれ違いは日常茶飯事、よくよく発生します。

 

 

何が原因?

 

もしかすると、奥様がパパに求めていたのは、家事をすることじゃなかったのかもしれません。

子供と外で遊ぶこと、とか。

手の届かない高いところの掃除をする、とか。

 

奥様が考える、パパの役割と、

パパが考える、パパの役割。

ここにどうやら違いがあって、きつ~い一言の原因になったようです。

 

 

ここで最初の問いに戻ります。

 

 

大切なのは、『クライアントにとって、あなたの役割は何か?』です。

 

 

クライアントがあなたのことをしっかりと評価している場合、この役割って強みじゃないですか?

 

そしてもし、自分自身で気づいていない役割なら・・・知りたくないですか?

 

 

ムムム・・・気になる。

あなたが気付いていないだけで、クライアントは知っている自分の強み。

 

 

 

知る方法はただ一つ。

 

 

『質問すること』

 

これしかありません。

 

「私ってどんなイメージ?」

「私って、貴社にとってどんな役割ですか?」

こんな感じの質問、たった一言。

 

 

もし、自分にとって、あまり嬉しくない役割だったら、

あなたが望む役割になるように何かをする必要があります。

 

 

何かって何?何でしょうか。

 

つづく

 

お問合せは↓↓まで!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

浜松市で一番お金の流れに強い税理士事務所

コーチングで経営を加速する!!
税理士法人BETTあかつか事務所
BETTマネジメントコンサルティング
TEL:053(468)6850

EMAIL:yamamoto.shunya@tkcnf.or.jp  ←ここまで!!お気軽にメールくださいね!
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

~お知らせ~

BETTの人気セミナー次回開催予定

1/24㈫15:00~17:00

タイトル

『1枚の図で利益を2倍にする方法』

料金:10,000円(顧問先5,000円)

場所:ロームセミナールーム

浜松市南区三島町1605-1

※申込はこちら

 お問合せ内容に『1/24セミナー参加」

 と一言お願いします!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ホームページを見た方への特典

ご契約(1年契約の場合)の初年度

50,000円(税別)20,000円(税別)

↓

36万円のお得

目標達成するための経理・成長ノウハウがある
経営をよくする会計事務所です。
目標達成のための経営戦略は私たちにお任せください!


一番上へ

お電話でお問合せ